現在ではカロナールよりもメジャーなロキソニンの説明です。

ロキソニンは、ロキソプロフェンという成分が含まれており、非ステロイド抗炎症薬の仲間で、様々な痛みや熱を下げる効果があります。

特に歯の痛みの際に使用することが多く、親知らずを抜歯した後は処方されることが多いです。

ロキソニンには、市販薬と処方薬とがあります。

市販薬も処方薬も成分や量、錠剤の大きさなどは同じです。

効果に関しては、頭痛や生理痛、歯痛、喉の痛み、腰痛、関節痛、筋肉痛、神経痛、肩こり、打撲痛、捻挫痛、悪寒、解熱作用があります。

比較的どの痛みにも効果があります。

なお、処方される場合は、関節リウマチや変形性関節症、手術後、風邪、抜歯後の鎮痛として使用されることが多いです。

ロキソニンは錠剤のため、約30分ほどたつと効果が出てきます。持続時間は約5時間から7時間程度で、半日ほどは痛みを取り除くことができます。

ロキソニンを服用し、あまり効かないと感じた場合でも次に服用する際は、4から6時間はあけるようにしましょう。

短時間で次々と飲んでしまうと、体の中に成分がたまってしまいます。

副作用に関しては、胃腸障害があります。

ロキソニンを飲み過ぎると胃が荒れてしまうので、服用する場合は食後にコップ1杯の水と飲むことが大切になります。

胃を守るためにも、薬を服用した後はさらに水を飲んでおくと安心です。

もし、食べ物を口に入れるのが困難な場合は、牛乳を飲むと胃の負担を減らすことができます。

また、医療機関で処方される場合は胃薬と共に出されることが多いので、忘れずに服用するようにします。

最近では胃の制酸剤である酸化マグネシウム含んだ、ロキソニンSプラスも販売されています。

その他、ロキソニンプレミアムもありますので、状況に応じて使い分けましょう。

この他には、若干眠くなることがあります。1%未満ではありますが、眠気を感じる人がいるので薬を服用したら運転や危険なものの取り扱いは控えた方が良いでしょう。

ロキソニンは発熱などを抑えるので、体がすぐに楽になり、体力が回復していきます。

ですが、ロキソニン自体に病気を治す効果はなく、対処療法となっています。

薬を適切に服用することによって、鎮痛の効果を得ることができるので、飲み過ぎないように注意します。

あと、第一類医薬品である為、薬剤師のいる薬局でなければ購入することは出来ませんのでご注意ください。

近くに販売店が無い場合は、ネットでも購入可能ですので、検索してみてください。

カロナールは熱や痛みをやわらげてくれる薬です。
カロナール200カロナール300と共に有名なカロナール500の説明です。

尚、200とか500とかの数字は、鎮痛成分であるアセトアミノフェンの含有量の違いです。

 

作用

皮膚の血管を広げて熱を拡散させてり、痛みの感受性を低下させたりする作用があります。

症状に対して作用する解熱鎮痛剤なので、熱や痛みの原因そのものを治すということはできません。

発熱時の他には、頭痛や生理痛、歯痛などにも用いられます。

乳幼児の解熱にカロナールの坐薬が使われることもあります。

カロナールは歴史も古く実績があるため、安全性が高い解熱鎮痛剤であると言えるでしょう。

一般的な鎮痛剤の一つにNSAIDsと呼ばれるものがありますが、このNSAIDsと比べるとカロナールの方が効果がゆるやかです。

その分、副作用が少なく、長期の使用も比較的安全なのでカロナールを選択するという人も多いです。

ロキソニンを飲むと胃が痛くなるので無理という方などにおすすめです。

海外では基本的でもっともポピュラーな鎮痛剤として広く用いられています。

また、開発が古いことから安価に手に入れることができるというのも利点です。

日本の病院では、鎮痛剤としてよりは解熱剤として用いることがい多い傾向です。

風邪やインフルエンザなど、発熱と頭痛の両方の症状が出るような場合に処方されます。

また、2010年から新たに「変形性関節症」への効能が認められるようになったので、服用量限度も拡大されました。

これからは、解熱剤としてだけではなく、鎮痛剤として処方される機会が増えると思われます。

具体的には、内科だけではなく、形成外科領域などにも進出していくといったところでしょうか。

カロナールの詳細

アセトアミノフェンは長い歴史の中で有効性、安全性が実証され、世界中で最も使用されている鎮痛剤です。

カロナールは2011年1月に成人の鎮痛剤に対して、アセトアミノフェンとして1回300~1000mg、投与間隔4~6時間以上、一日総量4000mgまでの国際的な標準用量が投与出来るようになりました。

アセトアミノフェンの解熱鎮痛作用は中枢で示すものであり、抗炎症作用はほとんどありません。

また、抹消での阻害作用が弱いため、消化管、腎臓、血小板への影響も少ないと考えられています。

歯科領域での適用は、歯痛や抜歯後の適用になります。

例えば下顎智歯埋伏抜歯後陣痛に対する除熱効果はカロナール500~1000mg=ロキソニン60mgとほぼ同等の効果が得られるとの報告があります。

アセトアミノフェンは副作用も少ないため、投与量を積極的に増量することにより十分な鎮痛効果が期待できます。

NSAIDsよりも比較的安全性が高い鎮痛剤として、疼痛緩和の第一選択薬になることが期待されています。

ロキソニンとの違い

最近、鎮痛剤としてはロキソニンがメジャーとなっていて、カロナールとロキソニン、どちらが良いのかという談義も耳にしますが、これは時と場合によります。

ロキソニンの方が鎮痛効果が強いという反面、からだへの影響も強いので、胃の弱い方や他の薬も飲まれているという方にはカロナールの方が良いでしょう。

また、同様の理由からインフルエンザにおいてはカロナールの方が良い言われており、特に子供のインフルエンザの場合はこちらが使用されることが多いです。

海外でもアセトアミノフェンはちょっとした微熱の時とかに飲む薬として広く知れ渡っています。

カロナール細粒は高熱を下げたり、苦痛を穏やかにしたりする作用があります。

※ちなみに細粒とは、細かい粒のことであり、錠剤ではなく顆粒状の飲み薬です。
錠剤が飲めない子供に対して処方されることが多いです。
子供だとカプセルや錠剤を嫌がる事もありますよね。
服用しやすさで、子供には細粒を処方する医師も多いです。

パーセントは主成分であるアセトアミノフェンの含有量です。

この薬は比較的穏やかな効果の解熱鎮痛薬です。

皮膚の血管を拡張させることで熱を放出して、痛みを感じる部分を低下させる薬効作用があります。

しかし、どの薬にも言えることですが、これは症状を抑える働きをするだけで、熱や痛みの根本原因を治癒する効果はありません。

発熱以外にも、生理痛の他、頭痛や歯痛の痛みにも効果的です。

アセトアミノフェンには座薬のタイプもあり、小児や赤ちゃんの解熱などによく用いられます。

この薬は長い実績がある安全性が高い薬ですので、効果は穏やかですが長期的に使用しても比較的安全性が高いとされています。

日本以外でも痛みをともなう症状に対しての基本薬として以前から採用されています。

腫れや炎症をともなう強い痛みにはあまりマッチしていませんが、軽い痛みには利用が可能で、リーズナブルということも付加価値のひとつです。

日本のでは発熱や頭痛をともなう風邪やインフルエンザの症状の場合にも処方されることが多いです。

特に細粒は子供やお年寄りにも飲みやすく重宝しますね。

私が子供の頃はそれでも苦くてオブラートに包んで飲んでいました。

今でもオブラートってあるんですかね。

最近の薬はほとんど糖衣錠になっているので、あまり使用しないのかもしれません。

話はちょっと変わりますが、昔のお医者さんと今の違いで感じるのは、上述のオブラートと注射する箇所です。

今は腕が主流ですが、昔はお尻に打っていました。

まあ、子供だけだとは思いますが。。。

 

カロナール200には解熱作用と痛みを鎮める働きがあります。

頭痛や生理痛の時に広く使用されています。

インフルエンザ時や授乳時、乳児、幼児及び小児にも服用可能な刺激の少ない鎮痛剤です。

注:用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。

作用のメカニズムは人間の体中に張り巡らされる中枢神経に向けてダイレクトに作用します。

カロナール200は患部に働きかけ本来の神経の状態へと安定させ、熱を取り痛みを収める効果があります。

人間の神経にはいくつか役割分担があってカロナール200はは体温をコントロールする神経に対してダイレクトに作用します。

そして体内に蓄積された熱を外へ放出させ、異常温度となった患部の温度を下げる効果があります。

痛みを鎮める効果は頭痛、生理痛、筋肉痛、関節痛、歯痛などあらゆる部分で発生する痛みや炎症に対応しています。
なので一般的に広く用いられる解熱鎮痛薬といえます。

カロナール200は、神経系統に直接働いて鎮痛および解熱の働きをする薬なので、胃潰瘍であったり肝臓疾患であったりと、神経系統以外の内臓、器官に対してはダイレクトに働かず、よって痛みを低減させるといった効果はありません。

カロナール200は基本的に対処療法として用いられる錠剤なので、とりあえず発熱症状や痛みの発生を鎮めるという作用に限られるわけなので、本来原因となっている疾病に関しては根本治療がなされなければ、再度痛みや発熱が起きるということになります。

なので肝心なことはカロナール200を飲んだから体の悪い部分が治ったと勘違いせず、根本原因である疾病を治療することが肝要です。

鎮痛剤はあくまでも補助的薬でありますので、頼りきって使用すると依存性の原因にもなりますので注意願います。

またどの内服薬に副作用があるようにカロナール200にも副作用が認められます。

副作用の症状が現れた際には一旦使用を中止し医師や薬剤師に相談することが大事です。

服用は空腹時を避けて、服用間隔は4時間以上空けるようにしましょう。

カロナール200の主成分であるアセトアミノフェンは欧米では主流の鎮痛薬ですが、大量摂取すると中毒が発生したり、アルコールとの同時摂取による危険性も報告されていますので、用法には十分の注意をお願い致します。

私の場合はカロナールが手に入らないので、主成分が同じであるタイレノールを使用しています。
こちらも取り扱っている薬局は少ないですが、見つけたら常備しておくと重宝します。

カロナールは発熱や頭痛、歯痛、筋肉痛や生理痛などに効果のある解熱鎮痛薬です。

アセトアミノフェンを含んでおり、同じ鎮痛解熱薬に用いられているアスピリンに対してアレルギー反応がある人でも服用できます。

また抗凝血薬や糖尿病の薬を飲んでいる人でも服用できる鎮痛解熱薬です。

種類もカロナール200,カロナール300,カロナール500,カロナール細粒と複数あり、症状や年齢や体重によって処方される薬が変わります。

アニリン系薬剤であり、NSAIDsと呼ばれる鎮痛薬とは作用機序が違います。

NSAIDsに比べ、効果はゆるやかですが、副作用が少なく長期の使用も比較的安全です。

WHO方式3段階疼痛治療法の第1段階に位置づけられ、海外では各種疼痛の基本薬として広く用いられています。

皮膚血管を広げて熱を発散させ体温を下げたり、脳にある視床や大脳皮質に働きかけて痛みを止めます。

カロナールを飲んでも胃腸障害などの副作用が軽いため使用される事が増えてきました。

ただし体質によっては副作用が大きくなる場合もあるので注意が必要です。

カロナールの副作用として報告されているのは呼吸困難や蕁麻疹などのショックアナフィラキシー症候群、皮膚や眼などに滲出性炎症が見られるようになる皮膚粘膜眼症候群、広範囲に滲出性炎症が起こる中毒性表皮壊死融解症などです。

ぜんそくの発作を起こしやすくなったり肝機能に障害が起きて黄疸が現れる場合もあります。

これらの症状がおきた場合にはすぐに服用をやめて医師に相談する事が大切です。

吐き気や下痢、食欲不振などの場合には服用は続け、次に医師の受診を受けた際に症状を伝えます。

もしも服用して呼吸困難などの症状がおきた場合には、すぐに処方医に連絡をとる事が必要になります。

また消化器官に潰瘍がある人や肝機能や腎機能に障害がある人、心機能不全の人は服用できません。

必ず医師にそのことを伝える必要があります。

また長い間非ステロイド系の解熱鎮痛薬を用いていた女性は一時的に妊娠しにくい体質になる場合があります。

また服用すると熱が下がりすぎて低体温になる場合があるため、幼児や高齢者が服用する時には注意が必要となります。